電脳絵画と古本と西洋毛針的快楽と苦悶

3DCGから、古本、模型作り、バスのフライフィッシングまで、自由気ままに書いて行きたい。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
ピンタレスト
Follow Me on Pinterest
google 02
Google
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル (JUGEMレビュー »)

久しぶりに、新しいCGソフトを導入した。
Vue6だ。
一般的には、景観作成ソフトとも言われているが、自然の風景などを作りたい時には最適のソフトだ。
価格的にも高いものは10万円以上するものから、1万円台のものまで、幅が広い。
もちろん?、私が購入したのは、1万円のものだ。

しばらくの間、使ってみて、使えそうだと思ったらバージョンアップすることもできる。
さっそく作ってみたのが、上のシンプルな風景だ。

これだと、5分から10分くらいで出来る。
この作例では、画面中央の樹がメインモチーフになるが、これははじめから出来上がったものがあるので、好きな場所に置くだけでいい。

初心者でも使いやすいソフトだ。

ただ、やはりCGソフトなので、メモリーを食うのか、ネットのブラウザが重くなってしまった。

ハードに自信のない人は、少しメモリーを増設したほうがいいかもしれない。

どちらにしても、これから、どんな風景ができるか楽しみだ。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック (JUGEMレビュー »)
デイヴ フィットロック, Dave Whitlock, 東 知憲
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
電脳絵画的車工房 PART 100 なぜ、こんなところに出現したのかは不明だ。
ソフィア2007.2.21

四国東部のあるショッピングセンターに現れたソフィア。
なぜ、こんなところに出現したのかは不明だ。

しかし当然かもしれないが、よく目立つ。
ピンクのボディカラーがきれいだ。

何か超越した存在感がある。
やや大きすぎるフロントのエアスクープのためだろうか。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(4) |
電脳絵画的車工房 PART 87 成熟する前の少女のような、未完成のフォルムが初々しい。
ソフィア2007.2.01


ヘッドライト
を設置した。
フロントフェンダーには大きめの
エアスクープ
も取り付けて、次第に変貌してゆくソフィア。

成熟する前の少女のような、
未完成のフォルム
が初々しい。

一歩一歩完成に近付いて行くが、しかしまだ道のりは険しい。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(4) |
電脳絵画的車工房 PART 86 その上ボディカラーも大胆にリペイントして、見違えるようになった。
ソフィアバックい2007.2.2

エンブレムもセットして、ドレスアップしたソフィア。
マフラーのレイアウトも決まった。

その上ボディカラーも大胆にリペイントして、見違えるようになった。

ボディカラーは、ほぼ2クリックで変更できる。
これもshadeの便利な機能のおかげだ。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(1) |
電脳絵画的車工房 PART 85 巨大なディフューザーをレイアウトした。
ソフィア/バック2007.2.2

バックからのイメージ。
巨大なディフューザーをレイアウトした。

迫力のあるリアスタイルだ。
マフラーは横から出す予定だったが、やはり後ろから出したほうがバランスがいいかもしれない。

センターに3本くらいがよさそうだ。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(9) |
電脳絵画的車工房 PART 84 エンジンカバーを開けてみた。
ソフィア2007.202


エンジンカバー
を開けてみた。
かんじんのエンジンはまだ作っていないので、中はからっぽだ。

もちろんインテリアもまだできていない。
これから少しづつ作っていかなければならない。

めんどうくさいが、これがCGの現実だ。
これをクリアして、初めてCGが完成する。

そこに創造するよろこびがあるはずだ?。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(14) |
電脳絵画的車工房 PART 98 たまには、空中浮遊もいいかもしれない。
ソフィア2007.2.12

空中に浮かぶソフィア
たまには、空中浮遊もいいかもしれない。
気分がリフレッシュするからだ。

これはヨーガだけではなく、CGの世界でもよくあることだ。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(2) |
電脳絵画的車工房 PART 82 飛び立つ瞬間の蝶々のようだ。
ソフィア2007.1.31


ガルウィング
のドアを開いてみた。
やはりきれいだ。

飛び立つ瞬間の蝶々のようだ。

何か足りないと思ったら、ヘッドライトを作るのを忘れていた。
フロントフェンダーのエアインテークもやはりないと寂しい。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(3) |
電脳絵画的車工房 PART 81 グラスエリアの制作が進行中。
ソフィア2007.1.30い


グラスエリア
の制作が進行中。
このままだと楽だが、やはりルーフなどの加工も行う必要があるだろう。

いずれにしても、これでだいたいの
シルエットは決まった。

あとはどこまで、細部のディティールをつめて行くかだろう。

できればエンジンも作りたいが、今のところは白紙の状態だ。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(2) |
電脳絵画的車工房 PART 80 獲物を襲う猛獣のような、華麗なスタイリングだ。
ソフィア2007.1.29い

低いアングルからのイメージ。
獲物を襲う猛獣のような、
華麗なスタイリング
だ。

ややくせがあるので、好き嫌いはあるかもしれないが、こんな車も世界に一台くらいはあっていいだろう。

フロントマスクは、少し軽すぎるかなと思う。
もう少し手を入れる必要があるかもしれない。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(2) |
電脳絵画的車工房 PART 79 ボディ下部が出来上がった。
ソフィア2007.1.29あ

ボディ下部が出来上がった。
欲を言えばきりがないが、だいたいこんなイメージでどんどん進めて行こう。

あまり考え過ぎると、手が止まってしまう危険がある。
ある程度アバウトな感じで進めて行ったほうがいいかもしれない。

ボディカラーも少し気になってきた。
前にも使った色なので、新鮮さがないのだろうか。
| ディラン2010 | ソフィアF300 | comments(0) | trackbacks(1) |
<new | top | old>