電脳絵画と古本と西洋毛針的快楽と苦悶

3DCGから、古本、模型作り、バスのフライフィッシングまで、自由気ままに書いて行きたい。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
ピンタレスト
Follow Me on Pinterest
google 02
Google
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル (JUGEMレビュー »)

久しぶりに、新しいCGソフトを導入した。
Vue6だ。
一般的には、景観作成ソフトとも言われているが、自然の風景などを作りたい時には最適のソフトだ。
価格的にも高いものは10万円以上するものから、1万円台のものまで、幅が広い。
もちろん?、私が購入したのは、1万円のものだ。

しばらくの間、使ってみて、使えそうだと思ったらバージョンアップすることもできる。
さっそく作ってみたのが、上のシンプルな風景だ。

これだと、5分から10分くらいで出来る。
この作例では、画面中央の樹がメインモチーフになるが、これははじめから出来上がったものがあるので、好きな場所に置くだけでいい。

初心者でも使いやすいソフトだ。

ただ、やはりCGソフトなので、メモリーを食うのか、ネットのブラウザが重くなってしまった。

ハードに自信のない人は、少しメモリーを増設したほうがいいかもしれない。

どちらにしても、これから、どんな風景ができるか楽しみだ。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック (JUGEMレビュー »)
デイヴ フィットロック, Dave Whitlock, 東 知憲
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
キャラクターメイキング物語2008.9.17 だからまだ、戦闘で人を殺したことはない。
ひとみ2008.9.17

だからまだ、戦闘で人を殺したことはない。



一応、倒したあとは、死んでいないかどうかを確認するのが、

国際条約で定められたルールになっている。

もし生命に危険がある場合は、応急処置をすることも義務づけられている。



もちろん、ファイティングの最中に、そんなルールを守るものは少ないが、

彼女の場合はできるだけ確認するようにしている。

やはり気になるからだ。

もし、何かあれば後味が悪い。




presented by 古本情熱物語


この物語はフィクションであり、登場する人名、団体名等はすべて現実には存在しません。
JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャラクターメイキング物語2008.9.16 それでも、この銃で実際に人が死ぬことはあまりない。 
ひとみ2008.9.15

それでも、この銃で実際に人が死ぬことはあまりない。

国際平和条約で認められた、ピースウエポンだからだ。

体力のない子どもや老人の場合は、まれに死ぬこともあるが、

確率は高くない。

黒色火薬を使用した、古い銃に比べれば、はるかに安全性は高い。



電気エネルギーのパルスがヒットした時に、軽いショックはあるが、

痛みもほとんどない。

ただ、一時的に運動神経がマヒするので、

成人男性でも3時間くらいは、動けないだろう。

普通の戦闘では、それで十分だ。



presented by 古本情熱物語
JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャラクターメイキング物語2008.9.15 戦闘には、まだ慣れることができない。 
ひとみ2008.9.15

戦闘には、まだ慣れることができない。

銃のハンドリングには慣れたが、ファイティングは別だ。

生きているものを撃つ時の、あのいやな感じはなかなか消えない。

それでも、こちらがやられる前に撃たなければならない。

ほとんど反射的に、トリガーを引くだけだ。

ただ、指が5ミリ動くだけだが、その結果はあまり見たくない。



それでも、戦闘の数だけは増えて行く。

もう何人敵を倒しただろう?

男、女、子ども、老人、戦闘ロボット、何でもありだ。

地球外生物を撃ったこともある。

もちろん、本物かどうか確認できなかったが。



presented by 古本情熱物語
JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャラクターメイキング物語2008.9.14 この銃はエレクトリック・アームとも言われている。
ひとみ2008.9.14

この銃はエレクトリック・アームとも言われている。

電動銃だ。

太陽熱を利用して、発電する。

したがって、太陽があるかぎり、弾はなくならない。

夜は、備蓄した電気でライトもつくし、インターネットにもアクセスできる。

もちろん、アップルの製品だ。



問題は、「核の雲」と呼ばれている巨大な雲が近づくと、

まったく機能しなくなることだ。

雲の位置は、24時間いつでも確認することができるが、

時々、予測できない動きを見せることがある。

急に核の雲が近づくと、あとはもちろん、備蓄した電気で

対応することになる。

しかし、備蓄が尽きると、もう役に立たない。

その時が、一番の悩みの種だ。




presented by 古本情熱物語
JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(1) |
キャラクターメイキング物語2008.9.13 ヒトミは祈りのポーズをとった。
ひとみ2008.9.13

ヒトミは祈りのポーズをとった。

この戦争が、はやく終わりますように・・・。

餓死する子どもたち、老人たちが、天国に行けますように・・・。

新しい食料や資源が、たくさん見つかりますように・・・。



しかし、その祈りは空しく宙に漂っているようだった。

人間が増えすぎたのだ。

あきらかに地球のキャパシティを、人類は超えてしまった。

もう今では、公式の世界人口は発表されていない。

発表すること自体が、パニックを引き起こす恐れがあるからだ。

人々はパニックにさえ、もう慣れてしまってはいるのだが、

それでも世界政府は、これ以上の混乱を恐れていた。



推測では、おそらく150億を超えているという説もある。

いや、200億に近づいているのではないかという者さえいた。




presented by 古本情熱物語

この物語はフィクションであり、登場する人名、団体名等はすべて現実には存在しません。

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(2) |
キャラクターメイキング物語2008.9.12 この戦争がいつ終わるか、誰にも予想できない。
ひとみ2008.9.12

この戦争がいつ終わるか、誰にも予想できない。

資源や食料は、決して増えることはないだろう。

一部の地域で、遺伝子組み換え作物を増産する動きもあるが、

人口増加のスピードが速くて、間に合わない。

地球全体の温暖化も進んで、自然災害もますます増えている。

オーストラリアでは、毎日のように豪雨が降り続けているようだ。



一部の宗教的過激派は、人為的な人口調節の必要性を叫んでいるが、

実現の可能性を信じるものは少ない。

アラブやアメリカでは、バベルの塔のような巨大な建造物を作る動きが始まっている。

もちろん、完全に武装した要塞都市だ。

そこには、大富豪しか入れない。



presented by 古本情熱物語
JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャラクターメイキング物語2008.9.11 はじめてこのハンドアームを持ったときは
ひとみ2008.9.11

はじめてこのハンドアームを持ったときは

何か違和感があった。

自分には、こんなものは使えないという

否定的な感情があった。



しかし今は違う。

この戦争には非戦闘員などはどこにもいない。

すべての人間が兵士なのだ。

過去のどんな戦争とも違う、異質のものだ。



今はもう、一切れのパンを買うためにお金はいらない。

銃を見せればいいのだ。

それでも手に入らなければ、撃つしかない。

それが毎日の生活になった。



presented by 古本情熱物語
JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(1) |
キャラクターメイキング物語2008.9.10 もう何人、敵を倒したことだろう。
ひとみ2008.9.10

もう何人、敵を倒したことだろう。

中には、人違いもあった。

子どもを誤射したこともないとは言えない。

戦闘のパニック状態の中では、どんなことも起こりうるのだ。

しかし、この銃は殺傷能力が弱いので、撃たれても死ぬことはあまりない。

2〜3時間のあいだ、気を失うだけだ。



presented by 古本情熱物語

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャラクターメイキング物語2008.9.3 もうしばらくハンドガンを使っていない。
ひとみ2008.9.3

もうしばらくハンドガンを使っていない。

たまにはシャドウシューティングをして、トレーニングする。

仮想の敵に向かって、精神を集中する。

敵の姿をリアルに想像して、撃たなければならないかどうかを判断する。

そして、トリガーを引く。



presented by 古本情熱物語
JUGEMテーマ:アート・デザイン


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャラクターメイキング物語2008.9.1 気配が消えた。
ひとみ2008.9.1

気配が消えた。

どこかへ行ったようだ。

第12廃墟のほうへ行ったのかもしれない。

そこには1カ所だけ、世界政府の無人食料配給所がある。

しかし、もう何日も食料は補給されていない。

ほかを探さなければならないだろう。



presented by 古本情熱物語
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| ディラン2010 | キャラクターメイキング物語2008 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>