電脳絵画と古本と西洋毛針的快楽と苦悶

3DCGから、古本、模型作り、バスのフライフィッシングまで、自由気ままに書いて行きたい。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
ピンタレスト
Follow Me on Pinterest
google 02
Google
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル (JUGEMレビュー »)

久しぶりに、新しいCGソフトを導入した。
Vue6だ。
一般的には、景観作成ソフトとも言われているが、自然の風景などを作りたい時には最適のソフトだ。
価格的にも高いものは10万円以上するものから、1万円台のものまで、幅が広い。
もちろん?、私が購入したのは、1万円のものだ。

しばらくの間、使ってみて、使えそうだと思ったらバージョンアップすることもできる。
さっそく作ってみたのが、上のシンプルな風景だ。

これだと、5分から10分くらいで出来る。
この作例では、画面中央の樹がメインモチーフになるが、これははじめから出来上がったものがあるので、好きな場所に置くだけでいい。

初心者でも使いやすいソフトだ。

ただ、やはりCGソフトなので、メモリーを食うのか、ネットのブラウザが重くなってしまった。

ハードに自信のない人は、少しメモリーを増設したほうがいいかもしれない。

どちらにしても、これから、どんな風景ができるか楽しみだ。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック (JUGEMレビュー »)
デイヴ フィットロック, Dave Whitlock, 東 知憲
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
一輪ざしとグレープフルーツ
一輪ざしとグレープフルーツ




ベランダにあった花をとってきて、


一輪ざしにしました。




JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:趣味
| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
2枚目の絵

2枚目の絵




2枚目の絵です。


今度は少していねいに描きましたので、


ややきれいになりました。


最近はCGばかりやっていたので、


手描きになれるのも大変です。






JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:趣味


| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひさしぶりのスケッチ!!
ひさしぶりのスケッチ!!





ひさしぶりに描いた手描きの絵です。


若いころは油絵やデザインをやっていたので


よく描きましたが、長いあいだ忘れていました。


やはり手描きの線はいいですねえ。



JUGEMテーマ:日記・一般
 
JUGEMテーマ:趣味
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
淡路島で地震 2013.4.13
朝めずらしく早めに起きて、


顔を洗って洗面室から出ようとして


ドアを開けようとした時に


鈍い地鳴りのような変な音がして、しばらくしてから


急に部屋が揺れ始めました。


かなり大きい揺れです。


まさかと思いましたが、


阪神大震災の記憶がフラッシュバックのように


頭をよぎりました。


「そういえば今頃の時刻だったなあ」と


思いましたが、まもなく揺れがおさまって


ほっとしました。


それでも、久しぶりの大きい揺れでした。


私のうちの被害としては


棚の上の軽い箱などが3個くらい落ちました。




まだ少し胸の鼓動が残っています。


やはり大震災のトラウマが残っているのでしょうか。


後は余震が心配ですが、どうなるでしょうか。


テレビを付けると、


震源は淡路島のようです。


淡路島は地震のエネルギーがたまっているのでしょうね。




JUGEMテーマ:ニュース
 
| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
雑記的快楽2012.12.16
おめでとう自眠党!!!

      金正?同志より



第1自民(自民党)、第2自民(民主党)、

第3自民(維新の会)、みんなグルだ。



JUGEMテーマ:ニュース
 
| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャノンプリンターがまた壊れた!!!!これで2台目だ!!!

キャノンのプリンターがまたおかしい!!!!

これで2台目だ。

今度は、印刷の準備中に急に暴走して

ローラーか何かが大きな異音とともに止まらなくなる。

あわてて電源を切ったが、何度試しても回復しない。

カバーを開けて汚れを取ったり、いろいろ試してみたが

だめのようだ。



やはり日本の電機屋さんは、

本当にだめになったのだろうか。

こんな製品を作っていたら、

キャノンももう終わりかもしれない。

それともわざと壊れるように作っているのだろうか???








JUGEMテーマ:インターネット
 
| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(2) | trackbacks(0) |
今日の一言2012.10.16
 
有能な人間は失敗から学ぶから有能なのである。

         成功から学ぶものなどたかが知れている。


         ウィリアム・サローヤン(アメリカ作家)


JUGEMテーマ:インターネット
| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
2012年オリンピックサッカー メキシコ戦雑記
2012年オリンピックサッカー メキシコ戦雑記




 日本中が期待していた中で、行われた試合だったが、

完敗だった。

私も多分勝てるんじゃないかと思っていた。

あまりメキシコについての知識もなかったので、

スペインに勝てたのなら、

メキシコは軽いだろうくらいの気持ちだった。

今から思うと、スペイン戦は何だったのかというのが正直な

ところだ。



慣れないウェンブリー・スタジアムの異様な雰囲気に

のまれてしまったのだろうか。

あるいは日本からの重すぎる期待に耐えられなかったのか。

結果的には、堅守を誇ったそれまでの守備が

ガラスのように崩壊してしまった印象がある。



それにしてもメキシコは強かった。

それまでは完ぺきにさえ見えた日本の守備陣が、

穴だらけに見えるほど、手ごわい相手だった。

特に印象に残るのは、扇原が自陣のゴールのまん前で

ボールを奪われた瞬間だろう。

まるで赤ん坊からおもちゃをひったくる様に、

ベラルタは軽くボールを持って行ってしまった。

ほんの一瞬の出来事だが、

その瞬間にあの日の試合はもうすでに

終わってしまったと言えるだろう。



基本的なテクニックの違いといえばそれまでだが、

あまりにも自然に、メキシコの選手はボールを奪う。

まるで年季の入った職人のように、軽く、

手際よくボールを扱うのだ。

それに比べると日本のプレイヤーは、

ボールと格闘しているように見えた。

やっと手に入れたボールが、

あっという間にメキシコの選手に渡ってしまう。

日本の選手はもっとも基本的なボールキープができない。

ボールを敵から奪い取ってやろうという、

激しい、燃えるような闘争心が見えない。

その差がはっきりと表れたゲームだった。


ついでに言えば、大津のシュートを除けば、

全体に身体の切れも悪かった。




やはりサッカーという文化に対する

基本的な認識の違いのようなものがあるのだろうか。

あるいはただ単に、メンタルの問題なのか。













| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(3) | trackbacks(0) |
スマホ・デヴュー.2011.8.7



久しぶりの記事になりますので、

画像が大きくなりましたが、ギャラクシーSです。

まだ使い方がよくわかりませんが、

ギャラリーで画像を見ています。

さすがに画像がきれいですね。

動きもスムーズで、快適です。

予想通り、電池の持ちがよくありませんが、

まだ少し電池が残っています。

今日一日もつかどうかわかりませんが、

多分昼ごろまではもつと思います。




JUGEMテーマ:インターネット
| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(1) | trackbacks(1) |
音楽的快楽2008/尾崎豊体験
JUGEMテーマ:趣味



ありふれた日曜日の午後だった。
疲れた太陽の光が、乾いたアスファルトの上に落ちていた。

私はいつものように、ホンダストリームに乗って神戸方面に向かっていた。
もちろん、トヨタではなくホンダだ。

ふと気が付くと、カーラジオから聞き慣れない歌が流れ出した。

確か、ディスクジョッキーが「シェリー」という歌のタイトルを紹介したようだ。
歌っているのは、尾崎豊らしいとわかった。

尾崎の歌を聴くのは初めてではなかったが、かと言って何回も聴いていたわけでもなかった。

最後に聴いたのは、もういつだったか覚えていない。
ひさしぶりだった。

シェリーという曲は、確か初めて聴く歌だ。
やはり尾崎の歌は、メッセージのインパクトがすべてと言っていいかもしれない。

この曲にも、尾崎にしか歌えない世界がある。
限りなく暗い自我の闇の中から、強烈な希望の光線を永遠に放ち続けるような、尾崎の迫真のボーカルに、私はただ息を呑んで聴き続けるしかなかった。

おそらく尾崎の歌には、彼の人生のすべてが込められているのだろう。

拓郎の歌がそうであったように・・・。
陽水の歌がそうであったように・・・。
みゆきの歌がそうであったように・・・。
ディランの、ビートルズの、都はるみの歌がそうであったように・・・。

シェリー 俺はうまく歌えているか                  
        俺はうまく笑えているか                  
        俺の笑顔は卑屈じゃないかい                
        俺は誤解されてはいないかい                
        俺はまだ馬鹿と呼ばれているか               
        俺はまだまだ恨まれているか                
        俺に愛される資格はあるか                 

        俺は決してまちがっていないか               
        俺は真実へと歩いてるかい                 

   シェリー いつになれば 俺は這い上がれるだろう           
   シェリー どこに行けば 俺はたどりつけるだろう           
   シェリー 俺は歌う 愛すべきものすべてに 


叫ぶように、吐き捨てるように、祈るように歌う尾崎の歌を聴きながら、私は思わず心の奥の最も深い地層のなかから、溢れるように込み上げてくるものを押さえることができなかった。



| ディラン2010 | 雑記的快楽 | comments(0) | trackbacks(8) |
<new | top | old>