電脳絵画と古本と西洋毛針的快楽と苦悶

3DCGから、古本、模型作り、バスのフライフィッシングまで、自由気ままに書いて行きたい。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
ピンタレスト
Follow Me on Pinterest
google 02
Google
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル (JUGEMレビュー »)

久しぶりに、新しいCGソフトを導入した。
Vue6だ。
一般的には、景観作成ソフトとも言われているが、自然の風景などを作りたい時には最適のソフトだ。
価格的にも高いものは10万円以上するものから、1万円台のものまで、幅が広い。
もちろん?、私が購入したのは、1万円のものだ。

しばらくの間、使ってみて、使えそうだと思ったらバージョンアップすることもできる。
さっそく作ってみたのが、上のシンプルな風景だ。

これだと、5分から10分くらいで出来る。
この作例では、画面中央の樹がメインモチーフになるが、これははじめから出来上がったものがあるので、好きな場所に置くだけでいい。

初心者でも使いやすいソフトだ。

ただ、やはりCGソフトなので、メモリーを食うのか、ネットのブラウザが重くなってしまった。

ハードに自信のない人は、少しメモリーを増設したほうがいいかもしれない。

どちらにしても、これから、どんな風景ができるか楽しみだ。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック (JUGEMレビュー »)
デイヴ フィットロック, Dave Whitlock, 東 知憲
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
電脳絵画的車工房 PART 41 ライト周りのデザインを一新した、ニューバージョンのチータ-XXX2。
車近未来0610

ライト周りのデザインを一新した、ニューバージョンのチータ-XXX2。
鮮やかなレモンイエローのスキンを得て、さらに若々しく、セクシーになった。

まぶしいほど美しいボディラインだ。

なんとなく古いレースマシンに似ているという人もいるかもしれないが、
忙しいので、先に進もう。

そういえば、実際にもチータというマシンがあったらしい。
模型では見たことがあったが、ネットで調べてみると、実車の写真が見つかった。

http://www.cheetahcars.com/images/Cheetah%20Delivery.jpg

かなり迫力のある、個性的なマシンだ。
マニアックと言えばいいのだろうか。
かわいいと言えばいいのだろうか。
素敵なマシンだ。

CGで作ってみたくなるような、オーラがある。
またいつかCGライズに挑戦してみよう。
| ディラン2010 | ニューカーシリーズvol.2 チータ-XXX | comments(0) | trackbacks(0) |
電脳絵画的快楽 PART 40 獲物を狙う獣が静かにスタンバイしているような精悍な表情になった。
近未来カー068

やや上からのビュー。
ドアを閉めたので、いくらかおとなしい感じになったが、それでも獲物を狙う獣が静かにスタンバイしているような精悍な表情になった。
獲物を見つけしだい、すぐにでもダッシュしそうだ。

完成車がリリースされる時期はまだ未定だが、実際に走る姿を見てみたいファンは多いだろう?。

フロントフェンダーのエアスクープも新設して、完成に向けて秒読み体制に入った。
あとは、バケットシートなどのオリジナルパーツを乗せていくだけだ。

| ディラン2010 | ニューカーシリーズvol.2 チータ-XXX | comments(0) | trackbacks(0) |
電脳絵画的快楽 PART 39 野獣のような強烈なパワーを感じさせる。
近未来カー065

空力上の問題が指摘されていた、フロントマスクを大きく修正して、
一段とアグレッシブになったチータ。

フロントフェンダーはさらにボリュームアップし、野獣のような
強烈なパワーを感じさせる。

やや広角気味のレンズで、迫力のあるボディを激写した。
やや誇張された、
巨大なフロントエリアには、古典的な風格さえ漂っている?


完成車には、新たに開発された、2000ccの自然エネルギーエンジンが搭載される。
| ディラン2010 | ニューカーシリーズvol.2 チータ-XXX | comments(0) | trackbacks(0) |
電脳絵画的快楽 PART 30 ノーズの形状を少し変更して、ボリュームを持たせた。
近未来カー065

ノーズの形状を少し変更
して、ボリュームを持たせた。
やや個性的な表情になった。

リアとおなじようにフロントにも、カメラを設置して、
オートドライビングの際の視界をモニタリングする。


しかし、レンズが露出しているので、
さらに改良が必要かもしれない。

とりあえず、全体のアウトラインは決まった。

| ディラン2010 | ニューカーシリーズvol.2 チータ-XXX | comments(0) | trackbacks(0) |
電脳絵画的快楽 PART 29 リアの機銃のような形状は、もちろんカメラだ。
近未来カー063
バックからのビュー。
キャノピーのなめらかなデザインがかわいい。

凹んだのではなく、
デザイン的な美しさと機能美を、極限まで追求した結果
なのだ。
そう思って見ると、自然にかわいく見えてくるはずだ?。
多分・・・。

リアの機銃のような形状は、もちろんカメラだ。

後方視界を確保するために、設置されている。
従って、ドアミラーはない。
| ディラン2010 | ニューカーシリーズvol.2 チータ-XXX | comments(0) | trackbacks(0) |
電脳絵画的快楽 PART 28 ドアはガルウィングで、少しレトロな味付けです。
近未来カー062

今回は前回より先進的なデザインというコンセプトで、ヘッドライトも今までにない形を追求しました。


ドアはガルウィングで、少しレトロな味付けです。

ジョイントを入れて、開いてみました。
この形のガルウィングというと、ベンツのSLを思い出しますが、なつかしい車です。

グラスエリアは、曲線的な、女性的な形状にしました。
作者の好みで、もう少しグラマラスな形にしてみるのも
おもしろいかもしれません。
このあたりは、自由に変形できるので、楽しい作業です。

まだ、コックピットの中は作っていないので、タイヤが見えています。
エンジンは、やはりリアエンジンという形になりますが、
一応スペースだけ、開けておいて、
今回はボディのデザインだけ
にしておきます。
時間があれば、エンジンも作れると思います。
| ディラン2010 | ニューカーシリーズvol.2 チータ-XXX | comments(0) | trackbacks(0) |
電脳絵画的快楽 PART 27 今度は本格的な、スーパースポーツの登場でっせ。
チータ06X

ニューカーデザイン・プロジェクト PART 2
でっせ。
ちょっと、ドイツなまりになりましたが、新車デザインプロジェクトも好調のうちに、第2弾に突入しました。

今度は
本格的な、スーパースポーツ
の登場です。ネーミングも<チータ06X>に決まり、順調にスタート?。

エンジンは、やや小さめの3000ccくらいを想定しています。ラフスケッチの段階では、かなり車高の低い、スマートなスタイルになる予定です。

| ディラン2010 | ニューカーシリーズvol.2 チータ-XXX | comments(0) | trackbacks(0) |