電脳絵画と古本と西洋毛針的快楽と苦悶

3DCGから、古本、模型作り、バスのフライフィッシングまで、自由気ままに書いて行きたい。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
ピンタレスト
Follow Me on Pinterest
google 02
Google
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル
Vue 6 Easel ガイドブックバンドル (JUGEMレビュー »)

久しぶりに、新しいCGソフトを導入した。
Vue6だ。
一般的には、景観作成ソフトとも言われているが、自然の風景などを作りたい時には最適のソフトだ。
価格的にも高いものは10万円以上するものから、1万円台のものまで、幅が広い。
もちろん?、私が購入したのは、1万円のものだ。

しばらくの間、使ってみて、使えそうだと思ったらバージョンアップすることもできる。
さっそく作ってみたのが、上のシンプルな風景だ。

これだと、5分から10分くらいで出来る。
この作例では、画面中央の樹がメインモチーフになるが、これははじめから出来上がったものがあるので、好きな場所に置くだけでいい。

初心者でも使いやすいソフトだ。

ただ、やはりCGソフトなので、メモリーを食うのか、ネットのブラウザが重くなってしまった。

ハードに自信のない人は、少しメモリーを増設したほうがいいかもしれない。

どちらにしても、これから、どんな風景ができるか楽しみだ。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック
L.L.Bean バス・フライフィッシング・ハンドブック (JUGEMレビュー »)
デイヴ フィットロック, Dave Whitlock, 東 知憲
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 電脳絵画的ロードゴーイング・ストーリー vol.4 サファイアブルーの風が吹いて | main | 2012年オリンピックサッカー メキシコ戦雑記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
電脳絵画的ロードゴーイング・ストーリー vol.5 街中がハンバーガーショップのように、浮き足立ってざわついていた。
神戸まつり


その日はフェスティバルの最中だった。

空がカレイドスコープのように、ギラギラして、
街中がハンバーガーショップのように、浮き足立ってざわついていた。
ビートルズの「サージャント・ペパーズ」のメロディがどこからか流れてくる。


ドライフラワーのように着飾った娘たち
が、武器も持たずに笑顔をたたえながら
街の一番大きな通りを攻略し、占領した。

花火がいくつも、祝砲のように彼女たちの頭上で炸裂した。

男はスミス&ウェッソン357マグナムを、握りしめ、人気のない通りのほうへ歩いていった。
汗で、銃のグリップが湿っていた。
銃の重さが、右の腕から肩まで、不快なしこりのように伝わって来る。

遠くから、街の騒音が聞こえるが、この通りはスポンジのように
音を吸収して、男の低い靴音だけが、通りの端から端まで響いた。


<USED BOOK えいじ>
のサインプレートの前で、男は立ち止まった。


アイスクリームのように冷たい風
が、男の頬の上を滑って行った。
街の騒音が、波音のように近づいたり、遠ざかったりする。

ふいに黒い影が、ホンダのバイクのかげから、飛び出すのが見えた。
男は弾かれたように、影のほうに走り出す。
狭い路地に向けて、男はハンドガンを構え、ハンマーを素早くコックした。
冷たい機械的なサウンドが、
路地の暗い空気をナイフのように鋭く切り裂いた。

次の瞬間、男の顔が静かにゆがんだ。
路地の壁際に、
一体のインベーダーが立っていた。

小型の、無害なインベーダーだ。性別は不明。
おそらくメスかもしれない。
よくわからないが、火星の辺境地帯に生息する種のようだ。

男はハンマーのコックを解除し、ハンドガンをホルスターに収めた。

遠くで、ビートルズの「サージャント・ペパーズ」が終わり、
ディランの「ヘイ・ミスター・タンブリンマン」がはじまった。
フェスティバルは続いている。
多分、明日の朝まで続くだろう。

| ディラン2010 | 電脳絵画的ロードゴーイング・ストーリー | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
みのり (2012/07/27 6:48 PM)
今日も素敵な
イラストで素敵ですね〜〜♪









url: http://eiji2.jugem.jp/trackback/87